出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 手に墨を塗って紙に押したもの。後日の証拠とする。また、自筆の書き判など。

  1. 江戸時代、関所の通行手形。特に、女手形をいう。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉