てま‐ちん【手間賃】例文一覧 2件

  1. ・・・大作は手間賃の問題にすぎない。わたしはミケル・アンジェロの「最後の審判」の壁画よりも遥かに六十何歳かのレムブラントの自画像を愛している。   わたしの愛する作品 わたしの愛する作品は、――文芸上の作品は畢竟作家の人間を感ずる・・・<芥川竜之介「侏儒の言葉」青空文庫>
  2. ・・・誰れにも区別なく麦を添加するのは、中に米ばかりを食って麦を食わない者が出来るのを妨ぐためではあろうが、畑からとれた麦を持っている農民が、その麦を売って、又麦を買うということは、中間商人に手間賃を稼がせるばかりで、いずれの農家でも頗る評判が悪・・・<黒島伝治「外米と農民」青空文庫>