て‐まわし〔‐まはし〕【手回し】例文一覧 1件

  1. ・・・ 省作はからだは大きいけれど、この春中学を終えて今年からの百姓だから、何をしても手回しがのろい。昨日の稲刈りなどは随分みじめなものであった。だれにもかなわない。十四のおはまにも危うく負けるところであった。実は負けたのだ。「省さん、刈・・・<伊藤左千夫「隣の嫁」青空文庫>