出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《完了の助動詞「つ」の未然形+推量の助動詞「む」》
  1. 推量を強調して表す。きっと…だろう。…にちがいない。

    1. 「秋の野に露負へる萩を手折らずてあたら盛りを過ぐし―◦むとか」〈・四三一八〉

  1. 意志・希望を強調して表す。必ず…しよう。…てしまおう。

    1. 「世にふればうさこそまされみ吉野の岩のかけ道踏みならし―◦む」〈古今・雑下〉

  1. 可能の推量を強調して表す。…することができよう。

    1. 「春日野のとぶ火の野守出でて見よいまいくかありて若菜摘み―◦む」〈古今・春上〉

  1. 適当・当然を強調して表す。…てしまうのがよい。…のはずだ。

    1. 「心づきなき事あらん折は、なかなかその由をも言ひ―◦ん」〈徒然・一七〇〉

  1. (多く「てむや」の形で)

    1. ㋐相手を勧誘する意を表す。…てくれないか。…たらどうだ。

      「ここにてはぐくみ給ひ―◦むや」〈・松風〉

    2. ㋑(多く「まさに」と呼応して)反語の意を表す。どうして…しようか。…しはしない。

      「内内の御心 (みこころ) 清うおはすとも、かくまで言ひつる法師ばら、よからぬ童べなどはまさに言ひ残し―◦むや」〈・夕霧〉

[補説]5は文末に用いられる。5㋑は漢文訓読からの語法。