出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、田租の付加税。関東を中心に、当初は枡 (ます) に山盛りにして納めた年貢米を、元和2年(1616)にすり切りとし、その代わりに3斗5升に2升を加えた米を1俵に入れて納入した。この2升の付加米をいう。出目。延べ米。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉