出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 手の届くあたり。手近。自分のそば。「辞書を―に置く」

  1. 道具などの、手で握るところ。握り。「鍬 (くわ) の―」

  1. 手の動かし方。手の動き。また、手並み。「―が狂う」

  1. 生計をたてるための金。また、暮らし向き。「―不如意」

    1. 「紀の国屋伊兵衛はどの位―が苦しかったか」〈芥川・雛〉

  1. 女房詞から》箸 (はし) 。→御手元 (おてもと) 

  1. 手元金」の略。

  1. 腕前。技量。

    1. 「為朝が―はおぼゆるものを」〈古活字本保元・中〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫