て‐やり【手×槍/手×鑓】例文一覧 1件

  1. ・・・それから帰って身支度をして、長押にかけた手槍をおろし、鷹の羽の紋の付いた鞘を払って、夜の明けるのを待っていた。 討手として阿部の屋敷の表門に向うことになった竹内数馬は、武道の誉れある家に生まれたものである。先祖は細川高国の手に属して・・・<森鴎外「阿部一族」青空文庫>