てら【寺】 の意味

  1. 《礼拝所の意の朝鮮語chyölからとも、長老の意のパーリ語theraからともいう》またはが住み、仏像を安置して、仏道を修行し、仏事を行う建物。寺院。精舎。伽藍 (がらん) 。
  1. 延暦寺を「山」というのに対して)園城寺 (おんじょうじ) のこと。
  1. 住職
    • 「去る―の仰せらるるは、…寺役 (じやく) も勤めにくし」〈咄・御前男・二〉
  1. 寺子屋」の略。
    • 「―に上げて手習ひをさすれども」〈仮・浮世物語・一〉
  1. 博打 (ばくち) を開帳している場所。
    • 「―が大纏のかしらでも、もらふの引くのといふこたあ、五分でもならねい」〈洒・自惚鏡〉
  1. 寺銭 (てらせん) 
    • 「此の親父へ人をよこして、―をしてくれると思って」〈浄・矢口渡

てら【寺】の慣用句

  1. 寺から里へ
    • 《檀家から寺へ物を贈るのがあたりまえなのに、寺から檀家へ物を贈る意から》物事が逆であることのたとえ。本末顛倒(てんとう)
      「―の礼扇、これらは明けずに捨(すた)りて」〈浮・胸算用・一〉