出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 寺子屋に入門すること。また、その子供。

    1. 「浅之進七八歳の頃より―の初清書」〈風流志道軒伝

  1. 寺預 (てらあず) け

  1. 自家からの失火・不行跡などがあったときに、寺にこもって謹慎したこと。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉