出典:デジタル大辞泉(小学館)

いちばんの果て。最終。最後。

「句聖 (くひじり) の死をなげきつつ―のしら梅の句をすがしむわれは」〈吉井勇・玄冬〉