出典:デジタル大辞泉(小学館)

[感]驚きあきれたとき、また、落胆したときなどに発する語。これはまあ。いやもう。「いやはや、たいへんな散らかりようだ」「いやはや、面目ない」