アウラングゼーブ【Muḥyī al-Dīn Muḥammad Aurangzīb】 とは

  1. [1618~1707]インドのムガル帝国第6代皇帝。在位1658~1707。帝国の領土を最大にしたが、厳格なスンニー派イスラム教徒として他教徒を弾圧したため反乱を招き、財政を破綻 (はたん) させ、帝国を衰退させた。