出典:デジタル大辞泉(小学館)

《赤い土の意》

  1. 地中海性気候のもとで、石灰岩を母岩として生成した赤色土壌。風化に伴い石灰分が溶解し、残った鉄の酸化物によって赤色を呈する。

  1. 水酸化鉄を主成分とする赤色顔料。