テルチ【Telč】 の意味

  1. チェコ南部、プラハの南東約130キロメートルにある町。1530年の大火で焦土となるが、市長ザカリアスにより復興。その頃につくられたルネサンス様式の町並みは、1992年に「テルチ歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

テルチ【Telč】の慣用句

  1. テルチじょう【テルチ城】
    • Zámek Telč》チェコ南部、モラバ地方の町テルチの旧市街にあるルネサンス様式の城。13世紀創建のゴシック様式の城を、16世紀後半に市長ザカリアスが改築、イタリア風の庭園が新たに造られた。1992年に「テルチ歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録された。