出典:デジタル大辞泉(小学館)

アルミニウムが燃焼する際の高温を利用して、金属酸化物から金属を還元析出する方法。クロムマンガン・鉄などの冶金 (やきん) などに利用。1893年にH=ゴルトシュミットが発明。アルミノテルミット法。アルミノテルミー法。ゴルトシュミット法。ゴールドシュミット法。