てれ‐かくし【照れ隠し】例文一覧 1件

  1. ・・・ けれども、すぐ旋風が過ぎてしまうと、後には子供達に顔を見られるのも堪らないような気恥かしさが残るので、彼女は照れ隠しにわざとどこかへ喋りに飛び出してしまうのである。 妙にぎごちない、皆が各自の底意を見抜きながら、僅かの自尊心で折れ・・・<宮本百合子「禰宜様宮田」青空文庫>