てれ‐くさ・い【照れ臭い】例文一覧 1件

  1. ・・・批評家は作家たちに対してのみならず自分自身に対しても照れ臭いのである」これもなかなか含蓄のある感情だと思う。この著者が、そのようにして批評家として自分の書くものから蒙る「逆作用」のなかに生きつつ、他の多くの例に見るように、それへの内面的抵抗・・・<宮本百合子「作家に語りかける言葉」青空文庫>