出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「詩経」小雅・正月から》天は高いのに背をかがめて行き、地は厚いのに抜き足で歩く。恐れて身の置き所がないことのたとえ。跼天蹐地 (きょくてんせきち) 。