出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「書経」太甲から》天災は備えがあれば避けることもできるが、みずから招いた災いは逃れることができない。