出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 連歌や俳諧などで、評点をつける。

    1. 「佐野の渡りに郭公詠みたるも知らざれば、是には―・けざりし」〈戴恩記

  1. 記号をつける。斜線を引いたり、しるしをつけたりする。

    1. 「気に入ったものへ、こちらから―・けて」〈洒・四十八手〉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[慣用句・ことわざ]カテゴリの言葉