出典:デジタル大辞泉(小学館)

《古くは「てんが」とも》

  1. 皇太子皇族などの敬称。皇太子・皇太子妃・皇太孫・皇太孫妃・親王・親王妃・内親王王妃女王などに用いる。→陛下 (へいか) 

  1. 摂政関白将軍の敬称。平安時代以降用いられるようになった。

  1. 宮殿や御殿の階 (きざはし) の下。

出典:青空文庫

出典:gooニュース