出典:デジタル大辞泉(小学館)

鎧 (よろい) の小札 (こざね) の一種。伊予の職人により考案された。多くは鉄製で、左右の両端を少し重ねてとじ合わせる。室町時代ごろから流行した。伊予小札。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉