出典:デジタル大辞泉(小学館)

染め文様の名。縞模様に濃淡をつけ、重ねた伊予簾 (すだれ) 2枚を透かしてできる木目のような文様に染めたもの。江戸時代、文化年間(1804~1817)に流行した。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉