出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動タ四]寒さや恐ろしさのために身の毛が逆立つ。よだつ。
  • 「これを聞きて心に怖れをなし、身の毛―・つ」〈今昔・一・六〉