出典:デジタル大辞泉(小学館)

算木 (さんぎ) を用いて高次方程式を解く高等の和算。中国の宋・元の時代に起こった代数学が日本に渡来したもので、未知数のことを天元の一と称した。今の開平開立の類。

[生活/その他]カテゴリの言葉

[数学/数学の言葉]カテゴリの言葉