でんじ‐は【電磁波】例文一覧 2件

  1. ・・・光覚に関する問題は生理学の領分に譲って物理学では非人間的な電磁波を考えるのみである。熱の輻射も無線電信の電波も一つの連続系の部分になってしまって光という言葉の無意味なために今では輻射線という言葉に蹴落とされてしまったのである。 今日のよ・・・<寺田寅彦「物理学と感覚」青空文庫>
  2. ・・・これが実現した暁には北西の空からあらゆる波長の電磁波の怒濤が澎湃としてわが国土に襲来するであろう。 思想などというものは物質的には夢のようなものである。半世紀たたないうちに消えてしまわなければ変化してしまう。日本には昔からずいぶんいろい・・・<寺田寅彦「北氷洋の氷の割れる音」青空文庫>