出典:デジタル大辞泉(小学館)

豊臣秀吉の命で天正大判とともに鋳造されたという金貨。周縁に小丸点を打ち、「天正」の極印があるが、正徳小判の贋造 (がんぞう) 銭といわれている。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉