出典:デジタル大辞泉(小学館)

伝染性が強く生命に危険を及ぼす伝染病を指定し、その予防・対策について定めていた法律。明治30年(1897)制定。平成11年(1999)感染症予防法の施行に伴い廃止。

[社会/法律]カテゴリの言葉