出典:デジタル大辞泉(小学館)

経度・緯度を知るために、六分儀 (ろくぶんぎ) などを用いて天体の方位・高度を測定すること。「天測航法」「天測位置」