出典:デジタル大辞泉(小学館)

法華経を根本経典とする大乗仏教の一派。575年隋の智顗 (ちぎ) 天台山にこもって大成。日本へは奈良時代に唐僧鑑真 (がんじん) が初めて伝え、平安初期に最澄比叡山延暦寺を建て開宗。のち、山門派寺門派、さらに真盛 (しんぜい) 派に分かれた。

出典:青空文庫