• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

てん‐ちゅう【天×誅】例文一覧 2件

  1. ・・・この次ぎには天誅組にでもなって筑波山へ立て籠るつもりだろう」「なに豆腐屋時代から天誅組さ。――貧乏人をいじめるような――豆腐屋だって人間だ――いじめるって、何らの利害もないんだぜ、ただ道楽なんだから驚ろく」「いつそんな目に逢ったんだ・・・<夏目漱石「二百十日」青空文庫>
  2. ・・・を書こうとも、「天誅組」を書こうとも、取材を貫徹して、維新が、封建的地主絶対主義支配の門出であるという特性をわれらに示し、こんにちの窮乏した農民の革命的高揚、その娘が年々多く吉原に売られてくるという慄然たる事実の根源は、明治維新の農民搾取制・・・<宮本百合子「文学に関する感想」青空文庫>