出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「てんどう」とも》

  1. 祝儀。はな。心づけ。

    1. 「駕籠舁 (か) き人力車夫等への―にも思い切った額を弾んだ」〈谷崎春琴抄

  1. もらった衣服を頭にまとったところから、歌舞・演芸などをした者に、褒美 (ほうび) として衣服・金銭などを与えること。また、そのもの。

    1. 「舞ひはてては必ず―をこひけり」〈著聞集・二〇〉