出典:デジタル大辞泉(小学館)

おおやけの裁判などに持ち込まれること。おもてざた。裁判沙汰。

「四の五のあれば、いやともに―」〈浄・忠臣蔵