てんのうき〔テンワウキ〕【天皇記】 の意味

  1. 日本最古の史書の一。推古天皇28年(620)聖徳太子蘇我馬子とともに編纂 (へんさん) 、天皇の世系・事跡を記したというが未詳。蘇我氏滅亡の際に焼失。