てん‐ばい【転売】例文一覧 1件

  1. ・・・銀主を見つけて、採取するのもよし、転売しても十倍の値にはなるとの話に、丹造の眼はみるみる光り泪一つこぼさず、三味線の心得あるを倖い、お千鶴をしかるべきところへ働きに出した。そして砂金の鉱区を買ったが……。 写していて、よくもまあ、お・・・<織田作之助「勧善懲悪」青空文庫>