てん‐ぴ【天日】 の意味

  1. 太陽の光。また、その熱。「天日干し」
  • 名詞

てん‐ぴ【天日】の慣用句

  1. てんぴじお【天日塩】
    • 天日製塩によって作った塩。てんじつえん。
  1. てんぴせいえん【天日製塩】
    • 製塩法の一。塩田にためた海水を太陽熱と風で濃縮し、塩を結晶させる方法。雨量が少なく、空気の乾燥している地方に適する。天日法。
  1. てんぴぼし【天日干し/天日乾し】
    • 魚介類などを直接日光に当てて干すこと。また、そのようにして作った干物。