出典:デジタル大辞泉(小学館)

日本の尺度の一。奈良時代に常用された尺で、唐の大尺に等しい。曲尺 (かねじゃく) の9寸7分8厘(約29.6センチ)にあたる。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉