出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 証人自身の知見によらない、また聞きの証拠。

  1. 反対尋問を経ていない供述刑事訴訟法上、証拠能力が制限される。