でんぷん‐よう〔‐エフ〕【×澱粉葉】 の意味

  1. 光合成の結果生じる同化産物がでんぷんの形で葉緑体中に蓄積される葉。高等植物の大部分にみられる。→糖葉