てんぽう【天保】 の意味

  1. 江戸後期、仁孝天皇の時の年号。1830年12月10日~1844年12月2日。

てんぽう【天保】の慣用句

  1. てんぽうきんぎん【天保金銀】
  1. てんぽうざん【天保山】
    • 大阪市港区、安治川(あじがわ)河口の小丘。高さ約4.5メートル。天保年間(1830~1844)に安治川改修の泥上げでできたもの。江戸時代は、目印山(めじるしやま)と称された。
  1. てんぽうすいこでん【天保水滸伝】
  1. てんぽうせん【天保銭】
    • 《明治時代、天保通宝の通用が8厘で1銭に足りないところから》知恵の足りない者。
    • 《形が似ているところから》旧陸軍大学校卒業生が胸につけた記章。また、その軍人。
  1. てんぽうつうほう【天保通宝】
    • 江戸幕府が天保6年(1835)以降鋳造した長円形の銅銭。1枚は、初め100文(実際には80文)に、明治以後は8厘に通用、明治24年(1891)に通用禁止。当百銭。百文銭。
  1. てんぽうのかいかく【天保の改革】
    • 天保12~14年(1841~43)老中水野忠邦が行った幕府の政治・経済改革。倹約・風俗粛正を断行し、農村復興のための人返しの令、株仲間の解散、物価引き下げなどの諸改革を行った。また、江戸・大坂10里四方を天領としようとしたが、激しい反対にあい、忠邦は失脚した。
  1. てんぽうのききん【天保の飢饉】
    • 天保4~7年(1833~36)にかけての全国的な大飢饉。異常低温による大凶作となり、米価が高騰して餓死者が続出。各地に一揆打ち壊しが発生し、江戸幕府の体制的危機を促した。
  1. てんぽうれき【天保暦】
    • 日本で最後の太陰太陽暦。天保13年(1842)改暦が決まり、弘化元年(1844)から明治5年(1872)の太陽暦採用までの約30年間用いられた。天保壬寅元暦(てんぽうじんいんげんれき)
  • てんぽう【天保】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・――後年「天保六歌仙」の中の、主な rol をつとめる事になった男である。

      芥川竜之介「煙管」

    • ・・・――こう云う天保の俳人の作は必ずしも回向院の樒売りをうたったものとは限らないであろう。

      芥川竜之介「少年」

    • ・・・それは天保何年かに没した曾祖父母の位牌だった。

      芥川竜之介「追憶」