出典:デジタル大辞泉(小学館)

稲妻と泡。はかないもののたとえ。

「―の身には幾ばくの嘆きぞや」〈海道記