出典:デジタル大辞泉(小学館)

大阪市港区、安治川 (あじがわ) 河口の小丘。高さ約4.5メートル。天保年間(1830~1844)に安治川改修の泥上げでできたもの。江戸時代は、目印山 (めじるしやま) と称された。