出典:デジタル大辞泉(小学館)

文様の一。2本の線で囲まれた鰹節 (かつおぶし) 状の文様の先端を鉤 (かぎ) のようにかみ合わせた形。後期縄文式土器にみられる。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉