てんもく‐ざん【天目山】例文一覧 1件

  1. ・・・天王山を間違えたのかどうだか、天目山などと言う将軍も出て来た。天目山なら話にならない。実にそれは不可解な譬えであった。或る参謀将校は、この度のわが作戦は、敵の意表の外に出ず、と語った。それがそのまま新聞に出た。参謀も新聞社も、ユウモアのつも・・・<太宰治「苦悩の年鑑」青空文庫>