てん‐ゆ【××諛】例文一覧 1件

  1. ・・・特に癇癖荒気の大将というので、月卿雲客も怖れかつ諂諛して、あたかも古の木曾義仲の都入りに出逢ったようなさまであった。それだのに植通はその信長に対して、立ったままに面とむかって、「上総殿か、入洛めでたし」といったきりで帰ってしまった。上総殿と・・・<幸田露伴「魔法修行者」青空文庫>