出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]

  1. (「…といい…といい」の形で)二つ以上の事柄を挙げて、それらのすべてを同じように評価することを示す。…も…も。…だって…だって。「色と言い形と言いすばらしい」

  1. 前述の事柄を受けて、さらに他の事柄が重なることを表す。…であり、その上。

    1. 「真夜中過の事―殊に風雨の烈しければ」〈染崎延房・近世紀聞〉