出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. あたま。

    1. 「黒き―かな、いかなる人の漆塗りけん」〈平家・一〉

  1. 集団の長。かしら。おさ。

    1. 「右の―には造物所 (つくもどころ) の別当」〈栄花・月の宴〉

  1. 蔵人頭 (くろうどのとう) 」の略。

    1. 「―の君心掛けたるを」〈・末摘花〉

  1. 祭礼・集会などの世話役。

    1. 「某 (それがし) が祇園の会 (ゑ) の―にあたってござる程に」〈虎明狂・煎じ物〉

[接尾]牛・馬・犬などの動物を数えるのに用いる。「牛七頭」