出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. おなじであること。等しいこと。「同タイム」

  1. 前に挙げた語句を受けて、「この」または「その」の意で用いる語。「昨夜8時ころ出火したが、同時刻には外出中であった」

  1. 前と同じ語を2回以上繰り返す代わりに用いる語。おなじく。「昭和42年入学、同45年卒業」