出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動ナリ]

  1. 和歌・俳諧などで、あまり技巧を加えすぎて味わいをそこなうこと。

    1. 「初めの五文字いま少し―なるべし」〈ささめごと

  1. 詮索しすぎて真実から外れること。うがちすぎ。

    1. 「其の臆測の―なりしを媿 (は) じざるにもあらざれど」〈紅葉金色夜叉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉