出典:デジタル大辞泉(小学館)

押韻法の一。詩歌・韻文などの句頭・語頭に、同一の音をもった語を繰り返して用いること。「何をしるべに難波津 (なにはづ) の名は住吉 (すみよし) もすみうしと」の類。アリテレーション。→脚韻 (きゃくいん) 

[文学/その他の文学の言葉]カテゴリの言葉